金貨を投資活用しよう

全体的に、金相場は他の金融商品と比べると、比較的安定しているものです。特に地金型金貨の場合は、少額から購入でき、積立のように少しずつ長期的に続ければ、将来は無理せずに資産となりうる可能性もあります。金貨の購入については、金を売買している企業の他に、貴金属店、コインを扱っている金貨専門ショップなどで購入できます。なお、購入時には本人確認書類などが必要となる場合がありますので、事前に調べてみるほうがよいでしょう。

また、ニセモノも出回っていますので、なるべく間違いのないよう、安心できるお店かどうかなどの下調べは必要になるでしょう。さらに、実際に購入する際、コインに傷や汚れが無いか、変形していないかなどよく確認することも大事です。金貨自体のデザインも動物や植物などいろいろな種類があるので、例えば、毎年自分の誕生日に1枚購入するとか、何かの記念日に合わせて購入するとか、きっかけは些細なことから始めるのもいいかもしれません。

また、購入するときも1枚ずつ購入できますが、売るときも1枚ずつ売れるのも大変便利です。世界的にも資産価値があるというのも大変魅力的ですし、少額から購入できる金貨での投資を検討してみてはいかがでしょうか。

金貨投資の特徴

金貨で投資することについてのメリットやデメリットについてまとめてみます。基本的に金そのものは世界共通の資産となり、価値があるので、安定している傾向にあります。世界中のどこででも換金できます。株式や貯金などと違い、配当金や利息がつくわけではないので、一攫千金を狙うのではなく、長期的にじっくりと資産を形成するのに役立ちます。そのため、現役世代のうちから少しずつ購入していき、老後の生活に入ったら換金するなどの計画にも十分こたえられる価値があります。

また、金の延べ棒タイプと違って、金貨の場合は、一つに限らず数種類のコインを購入して楽しめるのも一興です。それぞれデザインも違いますし、ちょっとしたコレクションにもなります。購入する場合も小さなコインですので、少額から購入できるのも気軽で便利です。

また、金は換金する場合も単純にお金とだけでなく等価交換としてアクセサリーや工芸品などにも換えられるというメリットもあります。デメリットとしては、傷や汚れがつきやすく、変形したりする可能性もありますので、保管には注意しなければなりません。傷がついた分、残念ながらやはり価値が下がってしまいます。日本では、ドル建てから円で換金するため、為替変動などにより元本割れするリスクもあります

投資用金貨の種類

金の投資については、いわゆる金の延べ棒と、金貨という二つの形があります。金は、世界共通の資産ですので、その価値が極端に下がることはなく、常に一定の価値を持っています。ですが、預貯金や株とは違って、金利や配当金がつくことはありません。短い期間で儲けたいという人には向いていないと言えます。自身の資産を守りつつ、少しでも増やせればという長期的な気持ちが大事になります。

さて、投資用の金貨は地金型金貨ですが、これは世界のいくつかの国が発行しているものです。日本では、カナダ政府のメープルリーフ金貨をよく耳にすることが多いでしょう。他には、オーストリアのウィーン金貨、オーストラリアのカンガルー金貨、中国のパンダ金貨などがあります。また、金貨の重さについても四種類あり、約31.1g、約15.5g、約7.8g、約3.1gとなっています。

重さによって価値も変わってきます。金貨と言うと、純度100%金と思いがちですが、実は24Kと22Kの二種類あり、24Kは純度99.99%なのですが、22Kは91.67%で銀や銅が少し含まれています。純度の高い24Kの金は、やはり輝きや質が違いますが、柔らかいために傷つきやすいのが難点で、22Kのほうは銀や銅などで硬度を強くし、傷つきにくいようになっており、重さにも違いがあります。

金貨を投資目的にする

みなさんは、老後の生活について考えてみたことはありますか。以前は、定年も60歳だったのですが、若い人材確保の難しさと60代でもまだ働ける能力が十分にあるということで65歳定年を取り入れる企業も増えてきています。実際、60代で元気な人は数多く見かけます。また、年金も65歳から多い金額を受け取れるので、それまでは現役と同じように働いていたいと思う人も多くなってきて、お互いに需要と供給のバランスがとれているようです。もちろん、年金だけでも十分かもしれませんが、少しの余裕があったらそれに越したことはないと思う人も多くいるでしょう。

そこで、最近では将来の生活を見据えていろいろな投資ができるようになりましたが、中でも金貨を利用した投資について考えてみましょう。金貨には二つの種類があることはご存知でしょうか。一つはいわゆるコレクターが求める収集型金貨と投資用の金貨で世界のいくつかの政府が発行している地金型金貨です。収集型の金貨は、骨董価値や希少価値、コレクターの好みなどが反映されて高額な取引になっていたりしますが、地金型の場合は、金の延べ棒と同じように金の時価が決まっていて、それに少し上乗せした金額で取引されます。上乗せされる金額は、金貨を製造する際のコストや、流通の際の輸送費などの諸経費分になります。よく聞くところでは、カナダのメープルリーフ金貨などは耳にしたことがあるかもしれません。今後の生活に少しの潤いをもたらすよう、参考にしてみてはいかがでしょうか。